第92回全国高校サッカー選手権大会 県大会3回戦

松蔭A 三好
1 1 前半 0 1
0 後半 1
4 PK 5
SH:シュート数 GK:ゴールキック数 CK:コーナーキック数 FK:フリーキック数
日時 2013/10/20
Kick off 14:15
試合会場 名古屋高校グランド

選手権愛知県大会3回戦。
前日の2回戦を快勝し、3回戦にコマを進めた松蔭高校。会場は名古屋高校の人工芝グランドとなった。秋雨前線の影響でこの日は朝から雨。時には激しく降り、人工芝といえども水たまりができるコンディションとなった。
ちなみに、この日の第1試合は名古屋×大同大大同であったが、雨のピッチを嫌ってロングボール主体の戦いとなり、延長戦でも決着が付かずPK戦でインターハイ王者・名古屋が敗れるという波乱があった(2-2の両チーム得点はすべてセットプレー)。雨のサッカーは何が起こるかわからない。
前の試合が長引いたことで、キックオフは15時となった。松蔭は前日と同じ先発メンバー。雨のピッチでどのような戦いを見せるのか注目が集まった。

序盤、水の浮くピッチを考慮し、浮き球のパスを使うが、それでも松蔭スタイルは変えない。DF陣のパス回しこそ少ないものの、中盤からはドリブルとパスで果敢に攻める。すると雨のピッチをものともせず面白いぐらいにパスがつながる。いや、松蔭グランドでの泥んこでの練習に較べればこのピッチは彼らには十分なコンディションだったのかもしれない。前半開始からしばらくは三好にロングボールを蹴らせる余裕すら与えないシーンが続いた。しかし、時折見せる三好のカウンターも鋭く、ファーストシュートがポストを叩くなど、一瞬も気を抜けない。雨中でありながら非常に激しく見応えのある攻防が続く。
あっという間に前半も半分を過ぎ、22分、松蔭は右サイドからFKを獲得。左足から放たれた低いライナーのキックはゴール前の密集に飛び、こぼれ球を松蔭MFが押し込み先制。押し気味に進めていた前半の均衡を破る。その後も、松蔭はプレーを変えず、まさに松蔭が信じて続けてきたサッカーをやり続ける。雨に濡れながら選手達は時折笑っているようにも見える。それくらいのこの日の松蔭のプレーは美しく、楽しく、儚くも力強いサッカーだった。このコンディションで、果敢に1対1を挑み続ける姿こそ松蔭スタイル。負ければ終わりのトーナメントでこんなプレーができるチームは多くはないと思う。そんな素晴らしいプレーを魅せながら前半はあっという間に終了。1-0で折り返す。

後半のキックオフ。雨の勢いはやや弱まってきたが、松蔭は前半の勢いのまま攻めたいところ。しかし、後半の主導権を握ったのは三好だった。ボールを散らしながらサイドの突破を試みる三好。後半の開始途中からボールへの寄せが早くなり、セカンドボールを拾い始めると、徐々に松蔭サイドでプレーする時間帯が長くなる。10分過ぎからは三好の連続攻撃。すると14分、右からのクロスを強烈にシュートするが、松蔭GKがファインセーブ。しかしその3分後、三好は右サイドのスローインからクロスを上げ、ヘディングを放つとボールは弧を描きゴールネットを揺らす。1-1、ゲームは振り出しに戻った。
松蔭は20分、FW選手が交代。中盤でパスをつなぎながら裏のスペースを狙い始める。右サイドを中心に何度か突破を挑み、三好に行きかけた流れを徐々に戻し始める。すると、再び落ち着きを取り戻した松蔭の中盤が華麗なプレーを魅せ始める。いくぶん水が少なくなったおかげでグラウンダーのパスも通り始める。しかし、時計の針は止まらない。後半終了間際には怒濤の攻めを見せるが、三好も体を張ったセーブで得点を許さない。結局、80分間では勝負が付かず10分ハーフの延長戦に突入した。

延長に入ってもお互い足は止まらない。もう体力も限界に近いはずなのに、体を動かしている原動力は気持ちだけ。お互いの気持ちと気持ちが戦っている。延長前半に見せ場を作ったのは三好。7分には強烈なミドルシュートを松蔭GKがはじくも、こぼれたボールはゴール左隅に。ゴールインかと思われたが、ラインのわずか手前の水たまりで勢いを無くしたボールをGKが懸命にかき出す。その直後には再び強烈なミドルシュートが松蔭GKの頭上を越えるが、ポストに救われる。延長前半の10分は終了し、休憩無しでコートチェンジ。
延長になってもパスをつなぐ松蔭。少しづつ足が止まり対応が遅れ始める三好の隙を突いて再三ゴール前に攻め込むが、なかなかシュートまでは持ち込めない。それでもCK、FKを次々獲得し、最後まで怒濤の攻撃を見せる。しかし、得点は入らず無情のタイムアップのホイッスル。勝負はPK戦となった。

雨の中、100分間を戦い抜いた選手達に、PK戦は酷なように思えた。しかし、センターサークルで肩を組んでキッカーを送り出す両チームを、ただひたすら応援するしかなかった。
先蹴りは松蔭高校。一人目のキッカーがわずかに足を滑らし、ボールは無情にも左ポストに当たり枠外へ。しかし、三好も2人目キッカーが右ポストにあて、両チーム2人づつ蹴り終わって1-1。
その後、両チームとも3人ずつが決め4-4。松蔭4人目はトリッキーなキックを見せ会場を沸かせる。
遂にサドンデス突入。松蔭6人目のキックは枠に飛ぶも相手GKが触りゴールならず。三好6人目のキックは左ポストにあたるも、ゴール内にころがりゴールイン。4-5で三好高校に勝利の女神は微笑んだ。

出場選手

松蔭A 三好

三好との戦績

過去の対戦成績(2012年~2013年) 松蔭 2勝2敗1分

過去の対戦結果

2013/09/14 U-18サッカーリーグ愛知県1部第15節 ● 0-1 ○

2013/07/14 愛知チャレンジリーグ(ACL)第6節 ○ 3-2 ●

2013/05/06 U-18サッカーリーグ愛知県1部第6節 ○ 2-0 ●

2012/10/27 第91回全国高校サッカー選手権大会県大会3回戦 ● 0-1 ○

2012/09/15 U-18サッカーリーグ愛知県1部第15節 △ 2-2 △

2012/06/16 U-18サッカーリーグ愛知県1部第6節 ○ 2-1 ●

第92回全国高校サッカー選手権大会 試合一覧

2013/10/20 県大会3回戦 三好 ● 1-1 ○

2013/10/19 県大会2回戦 刈北 ○ 2-0 ●