U-18サッカーリーグ愛知県2部 第15節

松蔭A 春日丘
2 1 前半 0 0
1 後半 0
SH:シュート数 GK:ゴールキック数 CK:コーナーキック数 FK:フリーキック数
日時 2014/09/13
Kick off 15:00
試合会場 名電高校神領グランド

前節に引き続き快晴となった第15節。15時キックオフの松蔭×春日丘戦の前に行われた同朋×誉戦で、首位の同朋が敗れたため、なんとしても勝ち点3を獲得して勝ち点差を詰めておきたいところ。しかし、相手の春日丘は後半戦になり調子を上げているチーム。接戦が予想される。

キックオフから主導権を握ったのは松蔭。引き気味の相手に対し、速めのパス回しでボールを運びシュートチャンスをうかがう。何度かシュートを放つがネットを揺らすことはできない。守備に人数をかける春日丘は、徐々に松蔭の攻めに慣れ、松蔭が攻めあぐねるシーンが見られるようになった。一方、カウンターで攻める春日丘は前線の早い選手を使って一気に松蔭ゴール前までボールを運ぶが、松蔭守備陣も安定しており、得点は許さない。
このまま前半終了かと思ったその時、均衡を破ったのは松蔭の攻撃だった。前線の選手が春日丘陣でポイントを作ると、MFがオーバーラップしたSBにパスをまわし、そのまま中のスペースに切れ込んでシュート。きれいな形で先制点を挙げる。攻めながら点が取れない嫌なムードを振り払い、前半は1-0で終了。

後半もゲーム展開は前半と同様に松蔭のポゼションに対し、春日丘の守備という時間帯が続く。すると、徐々に運動量が落ちた隙をつき、後半10分、中盤からのパスを左サイドで受けた松蔭MFが、個人技でゴール前に切れ込み、ミドルシュートで追加点。2-0とリードを広げる。その後も選手を交代して攻め続ける松蔭だったが、得点を奪うことはできす、2-0でゲームセット。確実に勝ち点3を奪い、ゲームを終えた。

第15節終了時点で、上位陣の勝ち点は名東35、同朋35、松蔭33、名電32(ただし、名東は1試合多く消化)。直接対決が残っているため、サバイバルゲームの様相を呈してきた。この先は技術や戦術だけではなく、メンタルの強さが試されるゲームが続く。9月15日には選手権の組み合わせも決まるので、3年生は集大成として、1・2年生は来年度のステージ確保と貴重な経験を1試合でも多く積むため、強い気持ちで戦ってほしい。1戦1戦をしっかりと戦い抜くことしか、全国への道はないのだから。
頑張れ松蔭高校サッカー部!

17、8(6)

出場選手

松蔭A 春日丘
GK 1 水谷 拓朗
DF 5 水谷 直斗
DF 3 前田 知宏
DF 4 静谷 公希
DF 2 高木 一伎
MF 6 鈴木 駿也
MF 8 岡本 北斗
MF 9 佐藤 友紀
MF 15 原 大樹
MF 11 高橋 賢次郎
FW 14 柴田 大地
 
MF 19 古川 智規
MF 13 辻村 寛介
FW 18 今井 洸志
選手交代
時間 OUT IN
75分 柴田 大地 今井 洸志
85分 佐藤 友紀 辻村 寛介
88分 水谷 直斗 古川 智規
時間 OUT IN

春日丘との戦績

過去の対戦成績(2014年~2014年) 松蔭 1勝0敗0分

過去の対戦結果

2014/05/03 U-18サッカーリーグ愛知県2部第6節 ○ 2-0 ●

U-18サッカーリーグ愛知県2部 試合一覧

2014/10/04 第18節 名東 △ 0-0 △

2014/09/27 第17節 同朋 ○ 1-0 ●

2014/09/23 第12節 愛知FC △ 1-1 △

2014/09/20 第16節 誉 ○ 1-0 ●

2014/09/13 第15節 春日丘 ○ 2-0 ●

2014/09/06 第14節 長久手 ○ 3-0 ●

2014/08/29 第13節 名電 △ 1-1 △

2014/07/12 第11節 中京B ○ 4-2 ●

2014/07/05 第10節 一宮北 ○ 1-0 ●

2014/06/28 第9節 名東 ● 1-5 ○

2014/06/14 第8節 同朋 △ 0-0 △

2014/06/07 第7節 誉 ○ 2-0 ●

2014/05/03 第6節 春日丘 ○ 2-0 ●

2014/04/29 第5節 長久手 ○ 2-0 ●

2014/04/26 第4節 名電 △ 2-2 △

2014/04/19 第3節 愛知FC ○ 2-1 ●

2014/04/12 第2節 中京B ○ 2-0 ●

2014/04/05 第1節 一宮北 ○ 3-0 ●